Vim のビルドオプションのメモ

以前 WSL 用に Vim をビルドする記事を書きました。

上記は WSL 用でしたが、Ubuntu や mac ではこうすると良さげ、というのがわかってきたのでメモしておきます。

といっても configure オプションが変わっているだけです。

要件

  • CUI でのみ使う
  • クリップボード使う
  • ターミナル使う
  • 日本語使う

configure

前回の記事と違うのは GUI 系のオプションが有効になっているのと、ターミナルを有効にしているところです。

CUI でしか使いませんが、クリップボードを有効にする場合は GUI を有効にする必要があるみたいです。

$ ./configure --with-features=huge \
    --enable-fail-if-missing \
    --without-x \
    --enable-gui=auto \
    --enable-sysmouse \
    --enable-gpm \
    --enable-python3interp=yes \
    --enable-cscope \
    --enable-multibyte \
    --enable-terminal
カテゴリー: vimタグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です