IntelliJ IDEA で外部エディタを使用する

IntelliJ IDEA で現在開いているファイルを外部エディタで開く方法です。以下の公式ページを参考にして Vim (MacVim) でファイルを開けるように設定しました。

Emacsを外部エディタとして使用する

このページは Windows の Emacs を外部エディタとして設定していますが、私は Mac の Vim を設定しました。たぶん他のエディタでも同様と思います。

外部エディタの設定

IntelliJ IDEA のメニューで Preferences > Tools > External Tools と進んでいき、「+」ボタンをクリックして外部エディタを新しく追加します。

設定項目は少ないので見ればわかると思いますが、主に次の項目を入力します。

  • Name: 外部エディタの名前 (コマンド名ではない) です。後述しますが、直接目にする項目になります。
  • Program: 外部エディタのコマンド (またはパス) です。
  • Auguments: 外部エディタにわたす引数です。$FilePath$ は編集対象のファイルパスに置換されます。
  • Working directory: 外部エディタを実行する際の作業ディレクトリです。$ProjectFileDir$ を設定します。
intellij-external-tools
IntelliJ External Tools

Vim を設定する場合

ここでコマンドライン版の Vim を設定した場合、IntelliJ IDEA のコンソールで Vim が開いてしまうことになります。GUI 版の Vim を設定するといいです。

現在開いているファイルを外部エディタで開く

IntelliJ IDEA のメニューで Tools > Editors と進んでいき、設定したエディタを選択します (スクリーンショット忘れた)。ここのメニューには上述の Name に設定した名前が表示されています。

これで外部エディタでファイルを開くことができました。外部エディタでファイルを保存して閉じると IntelliJ IDEA の方にも内容が反映されます。

キーボードショートカット

いちいちマウスで外部エディタを選択するのは面倒なのでキーボードショートカットを割り当てましょう。 Preferences > Keymap から新しいショートカットを追加できます。

intellij-macvim-keymap
IntelliJ MacVim Keymap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です